Event Information

イベント情報

トヨタホーム岐阜では、住まいづくりを楽しんで頂けるイベントを定期的に開催しています!
ぜひ、お問い合わせください。

YouTubeセミナー 工場・TQファクトリー見学会

断熱材でグラスウールは良い・悪い? 【後悔しない設計の考え方】あなたはどんな断熱材を選びますか?

開催日
いつでも視聴可能です♪
会 場
Youtubeセミナー

断熱材でグラスウールは良い・悪い?

 

断熱材でグラスウールがよくないとの話しをする住宅会社の営業がいるようですので、

トヨタホーム岐阜の日比野社長が、Youtubeトヨタホーム岐阜公式チャンネルにて断熱材のお話しをさせていただきます!

 

⇓コチラから是非ご視聴下さいませ⇓

【後悔しない設計の考え方】あなたはどんな断熱材を選びますか?

 

グラスウールは断熱材として優れており現在も多く使用されています。

 

その理由は断熱性能が高いばかりでなく、変形性能があり、費用も安価です。

 

それに万が一の火災時にも有毒なガスが出ませんので断熱材としては最高レベルです。

 

火災時に有害物質が発生しない理由は材料がガラス繊維だからです。

 

発泡スチロール、ホームポリスチレン、ウレタンフォーム等石油系のものは、燃えると人体に有害なガスを発生させ、最悪なケースでは命を奪ってしまう可能性があります。

 

断絶材の歴史について簡単に説明させて頂きます。

 

日本にはもともと、我慢は美徳で住まいは雨風がしのげれば良いとされてきており、お城などと同様に、壁は土壁で断熱という発想がありませんでした。

 

住まいの欧米化が進む中で、家の外回りに合板を隙間なく貼り付けて、その建物側に断熱材、グラスウールを入れる工法が入ってきましたが、教育されていない大工さんがグラスウールを固定せずに壁の中に押し込むだけでしたので、壁の中の湿気を吸って重くなり、下にずり落ちてしまっているのが現実でした。

 

グラスウールは、どんどん品質、性能が良くなってきています。

 

高性能グラスウールは通気防水シートに包まれており作業性が向上しています。

 

トヨタホームのシンセシリーズでは壁・天井の断熱材にグラスウールを採用しております。

 

トヨタホームは工場で隙間無く固定されていますので、確実な施工品質を確保でき、断熱材の性能を100%引き出すことができます。

 

トヨタホームでは現地施工となる基礎の内側や1階床下は火災の影響を受けにくいので施工性を優先してホームポリスチレンを使用しております。

 

断熱材は多くの種類のものがありますが、個々の性能、特性を確認して選定していただくことが一番と考えております。

 

詳細について・LCCM住宅などの間取りの作成・その他ご相談事などはお近くの展示場まで

 

お問合せ、ご来場をお待ちしております!

ー周辺MAPー

お問い合わせ・お申し込みはこちら

    お客様情報
    イベント内容
    ご希望日

    火曜日・水曜日は定休日となります。※車イスのご利用又はモバイルX貸出しをご希望の方は、下記にご記入ください。(展示場に限ります)
    ※ご希望の日時に沿えない場合がございます。ご了承ください。
    ※本日より3日後以降の日時をご指定ください。
    ※新型コロナウイルス拡散防止対策の一環として2時間間隔でのお打合せを行っております。
    11:00~、13:00~以外のお時間をご指定ください。
    ※当日または翌日に来場をご希望の場合は、お電話にてご予約下さい。(0120-388-620)

    お名前
    カナ
    ご住所

    郵便番号

    都道府県

    市町村

    番地

    アパート名など

    電話番号
    メールアドレス
    連絡方法

    ご希望の連絡方法をお選びください。
    (お問い合わせ内容によってはご希望に添えない場合がございます。)

    ご質問・ご相談内容など
    ご記入ください

    プライバシーについて」内のお客様情報保護方針に
    ご同意いただいた上、確認画面にお進みください。